Blogパンツの教室
2019/08/20

「遊んじゃだめ」では通用しないから、性教育が必要なんです。

いいお年頃で異性に興味津々、

遊びたい盛りの娘・息子に
「あそこ行っちゃだめ」
「これやっちゃだめ」って言っても

聞いてはくれないよな~

と、改めて思うことが
先日ありまして。

 

横浜で性教育

先週末は、家族で湘南の逗子海水浴場に
行ってきたんです。
(私、海が大好きなんで^^)

 

湘南の海水浴場なので
ナンパ目的の人も多いんですよね~

 

でもね、そこで色々ザワついたんですよ私。

 

 

 

「ねえねえ、いくつなのー?」

「16歳だよ♡」

 


えーー!若っっ!(私の半分以下!笑)
高校生でこんな格好して友達と海水浴来ちゃうの?!

 

 

 

かと思うと、休憩に入った海の家では
男女10人組くらいが
ドンペリ開けて大騒ぎしながら
 
 
「今日は、ボクたちの
夜のおかずになってくれてありがとうー!
 

イエーーーイ、カンパーイ!!フーフー♡」
 
 


チャラい!わかりやすくチャラーい!汗

 

 

 

まあ、家族との海水浴は楽しいんですけどね、

  
田舎で生まれ育って、

スーパーダサい学生&社会人生活を
送った私には
考えられないような

海水浴でのやり取りの数々を
見聞きし・・・

 

 
 
自分の子どもだったら、これ
女の子側でも男の子側でも

 

やっぱり複雑だよなぁぁぁー
 

 

と思いながら
その風景を眺めておりました。

 


 
 
でもね、どんなに親が遊ぶのを止めたって
限界はあるし、

逆に親の手を離れた時に
変なハジけ方しちゃったら

そっちのほうがタチ悪いし。

 

 
  
あれするな、これやるなと言って
ヤキモキするより 
 
 
 
・自分で自分を守るために必要なこと

・女の子に対してやっていいこと悪いこと、
 

・付いて行った先に何が起こるのか

 ちゃんと想像させること

 

を、小さい時から『徹底して』教えたほうが
よっぽど意味あるわな、と
 
 
 

性教育の必要性を
ヒシヒシと感じた一日でもありました。
 
 

 

思春期になってから、
そんな話聞いてくれませんからね!!

大事なのはコツコツですよー!
 
 

 

 

我が6歳長男は、ドンペリで騒ぐグループを見て
「お誕生日会なのー?」と聞いてました。笑

 

 

可愛い!可愛すぎる!

 

 

 

==================================

 

お母さんから子どもに伝える性教育【パンツの教室】
体験会のお申込みはこちらから▼▼
https://kimiko-s.com/taikenkai/

 

「くじけない心を育てる」性教育・子育ての情報をお届けする
無料メールレターはこちらから。
最新の開講情報もこちらからご案内します。
https://resast.jp/inquiry/39574