Blogパンツの教室
2019/01/09

2歳差育児、辛かったなぁ

昨年の11月~12月にかけて、
とにかく明るい性教育【パンツの教室】の講座に行ってきました。

 

子どもへの性教育の講座で、
相当踏み込んだ内容に120%満足。

 

で、その【パンツの教室】の一番最後に作るのが
子供一人ひとりに向けた性教育アルバムなんですが
年末年始+αでようやく完成しましたー!!!

 

わーい!パフパフパフー♪

 

アルバム作りって聞いて
「えーーーめんどくっさー」とか思いませんでしたか???

 

私、
めっちゃ思ってました!笑

 

だってクラフトとか嫌いなんだもーん。
家に物が増えるの嫌だし。

でもでも、私、不覚にもこのアルバム作りは涙涙でした。

 

 

それは、長男の写真を選んでいる時。

 

長男くんは、次男が生まれた時に2歳10ヶ月だったんですが
次男が生まれてから1年くらいずっと

私は長男の育児にとにかく手を焼いて、
本当に育児が辛くて辛くて、
毎日怒鳴って手を上げて、

 もう、辛かったことしか覚えてないんです。

 

まだ5年しか育児してませんが
「あの頃は、上の子を可愛く思えなかった」が育児の思い出堂々の1位。

(その暗黒期を救ってくれたのがアドラー心理学の学びだったんですけど)

 

-赤ちゃん返りしてる、どうしよう
-保育園、グズらずちゃんと行ってよ
-ここで抱っこはないでしょ?
-何回言ったらわかんの?聞いてんの?いい加減にして!!!

 

すぐにどこかに行ってしまう長男くんに
保育園の送迎に外に出るのさえ恐怖で、

だからと言ってずっと家にいるとかあり得ない。

 

みんなの育児がキラキラ輝いて見えて
母親失格だなって毎日泣いてました。

 

 

でも

 

でもでも

 

 

 

その頃の長男くんの写真。

めっちゃ可愛いやないかーーーーい!( ゚Д゚)

 

もうキュン死しそうなくらいかわいい。

 

このこぼれ落ちそうなほっぺ
柔らかそうな体
赤ちゃんを見つめる眼差し

 

ああ、こんなに小さかったのに
こんなに可愛かったのに

私は何をしてたんだろうって。

 

・・・泣きました。(今も打ちながら泣いてます)

 

長男くん。ごめんよ。

 

今思えば、まだ2歳の男の子。

 

めっっちゃくちゃわがままで、
めっっちゃくちゃ甘えん坊で当たり前なのに
私は長男に多くを求めていた気がします。

 

今なら、頑張りすぎてたあの頃の私に
言ってあげたいことはいっぱいあるんですけどねー

 

とにかく

次男が生まれた頃の長男
 =すんごい育てるの難しかった

という私の中の方程式が

 

次男が生まれた頃の長男
 =色々大変だったけど、めちゃくちゃ可愛かったな♡

に書き替えられた瞬間でした。

 

こんなきっかけをいただいた【パンツの教室】のアルバムには
とっても感謝しています。

 

あとこのアルバムには
別の意味でも毎日のように泣かせてもらってます。

乗り気じゃなかったわりには誰よりも活用している(笑)

 

 

長くなったので次に続きます。

==================================
「自分が大好き!」な子どもに育てる

<横浜・東京>とにかく明るい性教育【パンツの教室】インストラクター見習い/
【アドラー心理学】講師
末永貴美子