パンツの教室 体験会のご案内

学んだその日から実践できる!
3歳から親子で楽しむ
とにかく明るい性教育【パンツの教室】

【神奈川・東京で活動中】
お母さんがわが子に伝える性教育
パンツの教室インストラクターの末永貴美子です。

『子どもに聞かれた時に、うまく答えられるか不安』
『いつから、何を、どうやって?』
と、お母さんがとまどってしまうのが
性の話。

そんな不安も疑問も、

たった75分で、
今すぐ我が子に伝えてあげたい!に変わる
【パンツの教室】体験会を開催致します!

パンツの教室体験会とは?

性教育はいつか必要なんだろうな、と思っていても

・学校に任せちゃっていいんじゃない?
・いつから始めるの?
・どうやって伝えたらいいの?

そんな風に思っているお母さんが、実は、ほとんどだったりします。

でも、
お母さんがご家庭で楽しく取り組むだけで、
我が子に知識という『お守り』を渡すことができるのが
【パンツの教室】の最大の魅力。

それを実際に体感していただけるのが、この体験会です!

体験会へのお申し込みはコチラ

このような方におすすめです!

赤ちゃんはどこから生まれてくるの?と子どもに聞かれても答えられない

 子どもが携帯のエッチな画像に興味を持ってるみたい

自分が生理の日に説明ができない

子どもがお股をもぞもぞ触っているけど、どう声をかけたらいい?

 子どもが「うんち」「ちんちん」などの下ネタを外で大声で言うのが恥ずかしい

自分のことを大切にできる子に育ってほしい

防犯について知りたい

子どもの思春期にどう接していけばいいかわからなくて不安

体験会の内容

<時間>
75分

<内容>
・性教育のゴールとは何?
・性教育はいつから始めるのがべスト?
・今の子どもを取り巻く、性の現状
・あなたの防犯の声かけ、それで大丈夫?

<料金>
3,240円(税込)

<お支払い方法>
銀行振込

<お子様連れについて>
1歳半までの歩かない赤ちゃんは同伴可能です。
それ以上のご年齢で、託児が難しい場合は一度ご相談ください。

日程

【横浜】
6月16日(日)10:30〜11:45 [横浜]満員御礼
7月17日(水)10:30〜11:45 [横浜] 満員御礼

7月21日(日)10:30〜11:45 [横浜] 満員御礼
8月25日(土)10:30〜11:45 [横浜] 残2
8月30日(金)10:30〜11:45 [横浜] 残2

【大阪】
7月8日(月)11:00~12:15【大阪】満員御礼

 

体験会に参加されるとこうなります。

今の子どもたちを取り巻く危険や、学校での性教育の現状について
知ることができる

性教育を始めるべき年齢について理解できる

防犯のための有効な声かけの知識がつく

子どもの性格に合わせた防犯方法について知ることができる

身近なところから始められる性教育の方法がわかる

体験会へのお申し込みはコチラ

お客様の声

■ T・Nさん(埼玉県)5歳男の子・0歳4カ月女の子

性に関する犯罪や防犯について、自分の認識が甘かったと気づきました
私自身も性がタブーな家庭で育ったのででまだ性の話に抵抗があります。
初級講座を受けて家庭でも性の話ができるようになりたいです。

先生はまっすぐに想いを伝えてくれる人。
オープンに自分の体験などを話してもらえたので私も話しやすかったです!
話も聞き取りやすくわかりやすかったです。

 

■K・Sさん(東京都)2歳女の子

知識はあってもどんな風に伝えればいいのかわからなかったけど、
段階を追って話せるのはいいなと思いました。
特に防犯について、命を守るために必要というのはすごく腑に落ちました!

話しやすくて楽しい講座をありがとうございました。熱い思いが伝わってきました。
同じ講座でも誰から聞くのかというのはすごく大切だと思うので、
末永さんから聞けて良かったです

 

■N・Yさん(神奈川県)6歳男の子・4歳男の子

今まで何となく大切だと思っていた性教育でしたが、
体系立てて学んだほうがいいということがよくわかりました。
夫も巻き込みながら、夫婦で子どもと話し合える家庭を築きたい
強く思いました。

末永さんの話は引き出しが多くて納得感があり、本講座も楽しみです。

 

■F・Oさん(千葉県)

性の話を当たり前にできる環境を作ることは大切ですね・・・!
子どもの命を守ったり将来の望まない妊娠を防げるように、
親として勉強していきたいです。

ご自分の体験から性教育に真剣に向き合う姿がよかった。
話が面白く、例えが分かりやすいのでどんな話も”スッ”と入ってきました。

 

■C・Kさん(岐阜県)2歳女の子

子どもの犯罪に対する意識が低かったことに気づいた。
自分がどう対応したらいいか漠然と心配していたけど、
道筋が見えたようで本講座が楽しみです。
具体的な数字を示してもらい、イメージがつきやすかった。

インストラクターになられた経緯のお話には心打たれた。
すごく信頼できると思いました

 

■C・Hさん(愛知県)4歳男の子

まさに息子が性に関する質問をしてきているところだったので
ちょうど良いタイミングだった。
いかに親が恥ずかしがらずに話を伝えていくかが大事と感じた。

末永さんは美人で想いが強く、話に引き込まれた。

わが家の変化(5歳・3歳男子)

セックスという言葉を使って、オープンに命の話ができるようになった

生理の時には、子どもたちが私を労わってくれるようになった。

不用意に下ネタを外で言わなくなった。

キスやお風呂に一緒に入っていい時期が明確になってスッキリ!

私自身が「性=恥ずかしい」ではなく、命のはじまり という肯定的な捉え方ができるようになった。

他人事だと思っていた性犯罪について、現状と正しい防犯方法を知ることができた。

「生まれてきてくれてありがとう」「大好きだよ」という気持ちを伝える機会が増えた。

私が性教育を伝えたい理由

私自身が育った家庭は、完全に性の話が「タブー視」されていました。

子どもの頃、「セックスって何?」と
聞いて叱られた時のことは、30年経った今でもよく覚えています。

今から考えれば、家庭でしっかりと性教育さえしてもらっていれば
防げたであろう性被害や、傷ついたり悩んだりしなくてよかったことが
私の人生の中にはたくさんあります。

傷ついたり悩んだりする度に私が感じてきたのは、
「なぜ大切なことを教えてくれなかったんだろう?」
「なぜ、向き合ってくれなかったんだろう?」
という、親への不信感でした。

どんなに子どもを愛していても、
性教育から目を逸らすことは、親子の信頼関係を揺るがすことになりかねない。

これは私が実体験として感じていることです。

何となくごまかしている、見て見ぬふりをしている。
そんな態度は、子どもには案外簡単に見ぬかれてしまうかもしれません。

「私に子どもができた時には、何でも話し合える家庭を築きたい」。
そう強く思ってきたことが、
【パンツの教室】との出会いのきっかけになりました。

目と目を合わせて、伝えられる喜び

「赤ちゃんってどうやってできるの?」の質問。
親としてはドキッとしてしまう、できれば答えをごまかしたい質問ですよね。

でも本当は、この答えの中に大切なことがたくさんたくさん詰まっています。
命の始まり・誰かを愛して大切にすること・生まれてきてくれたことへの感謝。

【パンツの教室】を受講してから、
私はそれまでは避けがちだった性の話題について、
子どもたちとしっかり目と目を合わせて伝えることができるようになりました。

それは、大切なことから“逃げない”という、母親としての自信にもなっています。

性は、命そのもの。

子どもたちは、大人が思っているよりも
ずっと純粋に真っすぐに、性の話に耳を傾けてくれます。

性について明るく楽しく話す環境を作っていくことは、
子どもや自分自身を丸ごと受け入れることと同じです。

ぜひ、そのお手伝いを私にさせてください。

講座でお会いできるのを楽しみにしています。

体験会へのお申し込みはコチラ

■性教育や育児がもっと楽しくなる!無料メールレター。
 最新の講座情報もこちらからご案内しますのでご登録ください。
 https://resast.jp/inquiry/39574

 ※解除はいつでもできますのでご安心ください。
 
 
■【パンツの教室】って何?と言う方は
協会理事のじまなみ先生のメルマガをぜひお読みください!   
     
読むだけで性教育への意識が高まるお役立ち情報が満載です。

10000人以上が読んでいる、のじま先生のメルマガはこちらから
https://www.agentmail.jp/form/pg/6972/1/?sonodamasumi